疫病 の 神様。 疫病と妖怪(コロナウイルスと疫病神、アマビエなど)

疫病と妖怪(コロナウイルスと疫病神、アマビエなど)

疫病 の 神様

Advertisement 世界規模で感染を続ける新型コロナウイルスですが、江戸時代の熊本(肥後の国)には疫病の守り神?なる妖怪「アマビエ」が出現したそうです。 弘化3年(1846年)の4月の中旬頃。 毎晩のように海中に光る物体が出現していたため、ある夜に町の役人が海へ赴いたところ、このアマビエが現れていた。 その姿は人魚に似ているが、口はくちばし状で、首から下は鱗に覆われ、三本足であった。 役人に対して自らを「海中に住むアマビエである」と名乗り、「この先6年間[注 1]は豊作が続くが、もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。 今から100年ほど昔、赤痢などの疫病が流行した際、島子地区の石神地区に祭られていた石神さまに祈ることよって終息したと言われています。 これまで同神社には疫病を払う神様がいなかったこともあり、祭られることになったそうです。 同神社へ参拝に来る際には、アマビエの姿の石神さまにお参りしてみてください。 情報源: wikipediaの説明を読み進めると 目次• アマビエに似た妖怪が天草に なんと天草にも似た妖怪が! 画像出典: wikipedia内 また 天草の山中に、形態はアマビエと似た「 山童」という妖怪が現れたという伝承がある[1]。 出現場所が海(水域)でないとの相違はあるものの、これらは三本足の外見や、予言などの特徴が共通しており、湯本は、関連性がある幻獣とみなしている[1][2][13]。 また、外見などは大きく異なるが、予言と除災という観点から言えば、件、白澤、神社姫、ほうねん亀、亀女など同じような性質の妖怪も多い[1]。 情報源: 天草発祥の妖怪と言えば… 天草発祥の妖怪油すまし 妖怪「 油すまし(あぶらすまし)」が有名ですね。 ちゃんと墓まであります。 撮影:天草どっとこむ 妖怪油すまし伝説発祥地看板 画像:妖怪油すましの墓 天草市栖本町 撮影:天草どっとこむ 天草にその他にも妖怪がいた! ついでだから…天草に他に妖怪がいるのか調べてみました。 いました!いました! 妖怪… 磯女 熊本県天草市での言い伝えでは、船が港に泊まっているとき、夜中に磯女が艫綱を伝って船に忍び込み、船中で眠っている人に髪の毛をかぶせ、その毛で血を吸って死に至らしめるという[3]。 そのため船が知らぬ土地で碇泊するときは、艫綱をとらずに錨だけ下ろしておくという風習がある[3]。 島原半島でも碇泊時の同様の風習のほか、漁師の家の苫の茅を3本、着物の上に乗せて寝ると磯女に襲われずに済むいう謂れがあった。 情報源: そして…妖怪 白坊主(しろぼうず) 熊本県天草郡本渡町(現・天草市)本渡町の中央にあるクスノキの中に住み着いている白髪の老婆が白坊主の母親だといい、そのクスノキのそばを夜に通ると、老婆が白坊主の着物のための糸を紡ぐギーギーという音が聞こえたという。 この木を切ったところ、真っ赤な血があふれ出したといわれる。 情報源: 油すまし。 白坊主。 撮影:天草どっとこむ 上天草市大矢野町 田んぼの神さま 掲載画像の著作権は天草どっとこむに属します。 com All Rights Reserved. twitter、youtube等の投稿内容&画像等の著作権は投稿者に帰属します。 アマビエに関する記事(外部リンク) Advertisement 関連する記事• 2020. 01 あけましておめでとうございます。 令和2年も何卒よろしくお願いいたします。 […]• 2019. 02 昨日(2019年12月1日)の長崎新聞の記事に 全国のクラシックカー愛好家が長崎県平戸市内を巡るイベントが11月29日、開催されたという記事が掲載され[…]• 2020. 13 先日「天草コレジオ(コレジヨ)の所在地」に関する興味深い記事が掲載されていましたが、そこで思い出したのが天草コレジオ(コレジヨ)の活版印刷機で印刷さ[…]• 2019. 06 11月2日から4日は連休でした。 普段の天草路は車での移動もスムーズなのですが、夏場の土曜・日曜や連休ともなると上天草市大矢野町を中心に大渋滞になります[…]• 2019. 09 なんでか解りませんが、当サイトへお越しいただく検索キーワードで最近多いのが「天草のライブカメラ」と「ラピュタの木」です。 で、「今話題」と言うことで「ラ[…].

次の

【疫病退散の神様】画像まとめ一覧!待ち受けやインスタ画像も!|スピリチュアルたまてばこ☆

疫病 の 神様

「もしも疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に早く見せなさい…。 」そんな予言をする妖怪が、かつて日本に現れたと伝えられています。 その妖怪の正体は「アマビエ」。 新型コロナの感染拡大を受けて、では、数々のアマビエのイラストが投稿されています。 疫病を防ぐ!? アマビエ伝説 アマビエの絵がSNSで話題になっている理由。 それは、冒頭に記したとおり、伝染病の流行を防ぐ予言をしたことが伝えられているからです。 伝説の舞台は江戸時代の肥後国(現在の熊本県)。 ある春の夜のこと「毎晩、海の向こうに謎の発光物体が現れる」という報告を受け、役人と漁師たちが海辺に調査にやってきました。 しばらく海を眺めていると、闇夜の波間に青白い光がぽぅっと現れ、彼らの方へゆっくりと近づいてくるではありませんか。 鳴き声と共に海から現れたその光る物の姿は、3本足に、鱗のある体、そして…くちばしのついた顔。 普通であれば、ギャ〜〜ッ!と腰を抜かしてしまうような怪物の登場ですが、その場に居合わせた人たちは、不思議と恐怖感を感じず、その姿をじっと眺めていました。 やがてその怪物は口を開きます。 私は、海中に住むアマビエである。 そう名乗ったあと、こう続けました。 この先、数年間は豊作が続きます。 しかし…もしも疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に早く見せなさい。 このように予言したあと、アマビエと名乗るその不思議な怪物は、静かに海の中へと帰って行きました。 アマビエ伝説のユニークなポイント この伝説は、弘化3(1846)年の出来事として、当時の瓦版に描かれました。 全国でもアマビエが現れたとされる報道はこの一件のみです。 人間の災いを予言したり、落としたりする妖怪はアマビエ以外にもいくつか存在しますが、アマビエは自ら防御の効能があることを伝えている点が非常に珍しい妖怪です。 「絵を見せなさい(=自分の姿を見せることで流行を防ぐことができる)」と伝えている姿は、妖怪というよりも神様に近いのかもしれません。 他にもいるぞ、予言する妖怪 アマビエと同じように人間の言葉を話し「予言」と「除災」をしたことが伝えられている妖怪は、他にもいます。 件(くだん) 「件」という文字が表すとおり「人」の顔に「牛」の体をした妖怪。 江戸時代〜昭和初期まで、全国各地に現れました。 江戸の幕末に最も広まった伝承では「生まれたばかりの子牛が人の顔をしている。 人間の言葉を話し、数日で死んだ」とされています。 死ぬまでの間、さまざまな出来事を予言をするといわれ、その内容は必ず当たるという言い伝えもあります。 豊年亀(ほうねんがめ) 女性の頭に亀の体、毛の生えた尻尾を持つ妖怪。 江戸時代の紀州に現れたと伝えられています。 アマビエと同じように海辺に現れては世間に起きる災いなどの予言を残しています。 こうした予言にまつわる妖怪が現れたとされる時は、いずれも混乱の多い時代でした。 疫病や飢饉、戦争など社会にあふれる不安と混乱が、救いを求めて妖怪を生み出したのかもしれません。 令和の時代にも、新たな妖怪が現れるのでしょうか。 今の不安定な状態が落ち着き、一刻も早く平穏な世の中が戻ってくることを願います。

次の

疫病除け!?祇園祭で有名な八坂神社の神様「スサノオ」を知ろう|日本の神様|パワースポットクエスト

疫病 の 神様

「厄災」は、古来より怒りや恨みを持ったまま亡くなった人の御霊のせいであり、疫病を司る神様が流行らせているのでは?と考えられていました。 そのため、世の中で疫病が流行すると、亡くなった人の御霊を讃えるために神社を建てたり、疫病を司る神様をお慰めする祭りを行ったりしていました。 の祇園祭もそのひとつです。 869年(貞観11年)に都では疫病が大流行し、人々は恨みを持った人の御霊が祟っているのだと恐れていました。 そこで、平安京の庭園に66本の鉾(ほこ)を立て、八坂神社の神輿を祀ることで、御霊を鎮めたとされます。 平安時代中期には年中行事となり、全国に祇園祭が広まりました。 現在では、祇園祭は7月1日の「切符入(きっぷいり)」からはじまり、7月31日の「疫神社夏越祭」まで約1ヵ月にわたって、京都で賑わう盛大なお祭りとなりました。 民話「蘇民将来(そみんしょうらい)」 ある日、旅の途中であった神様は一泊できる宿を探していました。 裕福な家柄の巨旦将来(こたんしょうらい)に宿を請うたところ、断られてしまい、貧しい家柄の蘇民将来に請うと、快く承諾してくれました。 宿泊のお礼に、神様は「茅で作った輪」を蘇民将来へ贈ります。 これは、腰のあたりにつけることで、疫病から守ってくれるものでした。 その通りにしたところ、蘇民将来の家族以外は疫病で滅んでしまいました。 その後、神様は自分の正体がスサノオであることを明かし、「これから疫病が流行る時には、蘇民将来の子孫である証として茅の輪を身につけていれば、疫病から助かるだろう」と教えたとされます。 この民話より、スサノオは疫病除けの神様とされ、牛頭天王と同一視されています。 ワガママで乱暴!?アマテラス「天岩戸神話」の原因を作ったスサノオ 三貴子はそれぞれ、高天原・夜の世界・海の世界を治めるよう任じられました。 言いつけ通り、世界を治めるアマテラスとツクヨミに対して、スサノオはなかなか言うことを聞かず、しまいには、泣きわめいて反抗していました。 父であるイザナギに怒られ追い出されたスサノオは、姉のアマテラスがいる高天原へ向かいます。 その向かう様子があまりにも荒々しく、アマテラスはスサノオが襲いに来たのではと勘違いします。 誓約(うけい)により、身の潔白を証明したスサノオでしたが、次第に調子に乗るようになり、田を壊したり、神殿で脱糞をしたりと高天原を散々荒らします。 このことが原因で、姉のアマテラスは天の岩戸に閉じこもってしまいました。

次の