失業 保険 何 回 もらえる。 失業保険はいくらもらえる?期間は?「雇用保険」の基礎知識!

【失業手当】自己都合退職だと給付まで3か月以上かかる。もらえる人の条件も要チェック | マネーの達人

失業 保険 何 回 もらえる

失業手当の受給資格決定日と待機期間を確認 会社を退職して失業手当をもらうためには、いくつかの手続きを済ませる必要があります。 まず、退職後に(離職票を持って)ハローワークで求職の申込を行いますが、この最初にハローワークで手続きした日を 「受給資格決定日」といいます。 ただ、この受給資格決定日から失業手当が支給されるわけではなく、受給資格決定日から7日間は 「待機」といって、失業手当が支給されない期間となります。 受給資格が決定してもこの間に再就職すると失業手当は支給されない仕組みになっていますので、7日はすべての人に課せられる 「待機期間」となります。 この7日間を失業状態で過ごすことで初めて受給資格が発生し、 待機満了の翌日から支給対象期間に入ります。 ただし、離職理由が「自己都合」の人は、下の図のように3ヶ月間の 「給付制限」が課せられることになっています。 それでは、実際に最初に失業手当がもらえるのは何日後になるのか?確認していきましょう。 失業手当が振り込まれるまでのスケジュールを確認 先ほど確認したように、自己都合の場合は3ヶ月の給付制限がありますので、ここでは、離職理由が「会社都合」と「自己都合」を別々にまとめています。 スポンサーリンク 会社都合の場合 会社都合(解雇、定年、契約期間満了)で離職した人の場合は、初回の失業手当が支給されるのは、 ハローワークで手続きをした日(受給資格決定日)から約4週間後(実際に口座に入金されるのは数日後)となります。 正確に把握しておきたい人は、 「待機満了の翌日から最初の失業認定日の前日までの日数分」を確認してください。 これが最初に支給される日数となります。 失業手当の支給額の確認方法は、こちらの記事で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。 自己都合の場合 続いて、自己都合で離職した人の場合は、3ヶ月間の給付制限がありますので、初回の失業手当が支給されるのは、 ハローワークで手続きをした日(受給資格決定日)から約4ヶ月後(実際に口座に入金されるのは数日後)となります。 それ以降は会社都合と同様に 4週間に1回決められた失業認定日にハローワークへ行き、失業認定を受けると 4週間分の失業手当が振り込まれるという仕組みになっています。 もちろん、給付制限中にも求職活動は必要です。 ) このスケジュールの中で関連する記事を下記にまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。 まだ離職票が送られてこない!という人は、こちらの記事を参考にしてみてください。 給付制限中はアルバイトをしてもその後の失業手当は1円も減ることはありませんが、アルバイトの日数が多すぎると「就職した」とみなされ、支給がストップしてしまうこともありますので、注意してください。 また、失業手当をもらうためには、給付制限期間中も求職活動が必要になることも忘れないでください。

次の

失業保険を給付額を計算すると驚く結果に。ハローワークでは教えない真実

失業 保険 何 回 もらえる

失業手当と呼ばれる給付金は、 雇用保険の基本手当のことです。 雇用保険とは、労働者が失業した場合の生活と雇用の安定を図るためや、再就職の援助をするための公的保険制度の1つです。 その中の基本手当は、 定年や倒産や契約期間の満了などが原因で離職した人が失業中の生活を心配なくても新しい仕事を探せて、1日でも早く再就職できることを目的としています。 失業手当の受給には条件がある 失業手当は、会社を辞めた会社員が受給できるわけではありません。 受給するには条件があります。 以下は雇用保険の基本手当の受給要件です。 雇用保険の被保険者が離職して、以下の両方に当てはまる場合に受給されます。 ・ ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること。 ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可。 (引用元:) 即ち、 失業した後に病気やけがや出産などですぐに就職できない場合には失業手当は受給できません。 また、 会社を辞める前2年間に雇用保険の被保険者である期間が通算で1年に満たない場合も、特定の事情がある人以外は受給できません。 自己都合だと給付まで3か月以上かかる 会社を辞めるにも自分の都合で辞める人もいれば、会社の倒産などの会社都合で辞めざるを得ない人もいます。 気をつけなくてはいけないのは、自己都合退職の人は、失業手当の受給資格を満たしていたとしても、 3か月の給付制限の期間があることです。 失業手当は失業者が本当に失業状態であるかを確認するために、7日間の待機期間を設けています。 自己都合退職の人は、7日間の待機期間が終わった翌日からさらに3か月の給付制限があるため、失業手当が支給されるまでに約100日かかってしまいます。 退職届けを出すのは後先をしっかり考えてから とくに 自己都合退職の場合は、失業手当がもらえるまでにかなりの時間がかかります。 この間は、 失業手当がもらえない期間なので、ハローワークに申告しておけばアルバイトをすることは可能です。 しかし、失業手当をもらうには給付制限がありますから、勢いで会社を辞めてしまうことは避けたほうがいいでしょう。 (執筆者:社会保険労務士、行政書士 小島 章彦).

次の

失業保険もらいきるには?もらいきった私からアドバイス

失業 保険 何 回 もらえる

それは「 基本手当」といって、「求職者給付」のなかの一部分で、それ以外に「 就職促進給付」、「 教育訓練給付」、「 雇用継続給付」があります。 失業保険を受けようとする者は「働く意欲があり、就業先を積極的に探している人」が対象ですから、離職したがすでに次の就職先が決まっているという人は対象外です。 では、雇用保険のおさらいをしておきましょう。 5%を納めます。 (事業主の負担は0. 85%です。 手続きが遅れると受給できる期間が短くなってしまいます。 今回は、失業保険(基本手当)についてご説明します。 賞与は含みません。 離職直前の賃金が高いとそれに比例して基本手当日額も高くなる。 離職前の数カ月間に残業が多かった人は、受給額が増えるというわけです。 ですから、年金と違って納めた保険料に対して支払われる額が決まるわけではないので 、 10年間保険料を払っていた人も1年間しか払っていない人も、離職前6ケ月分の賃金で基本手当日額が決まります。 (なんか不公平ですよね・・・) また、雇用保険料は比較的安いので、例えば賃金が20万円だった人の場合(自己都合退職、35歳、10年間勤務)は、月の雇用保険料は1000円ぐらいです。 そうすると年間約12,000円、10年間で約120,000円を納めたことになりますが、離職後は、120日分で約57万円がもらえますので、支払った保険料のわりに受給額が多いです。 1年間だけ働いて離職した人も、同じ給与額なら、基本手当が同額なので90日分で約42万円がもらえます。 これは生活できる水準を考慮しているためで、低所得者ほど相対的に手厚いサポートが受けられる仕組みです。 離職前の賃金が高かった人ほど給付率が低く、賃金が低かった人には高い給付率が適用されるというわけです。 給付日数はどうやって決まる? 「給付日数」についてですが、これは「離職理由」によって違ってきます。 離職理由は 「自己都合」によるものと 「会社都合」とに分けられます。 「自己都合」とは、会社が嫌になったので辞めて転職したいとか海外へ行くためなど「自身がその会社で働くことを希望しない」という人です。 会社都合による離職とは「働き続けたかったが事情があって離職せざるをえなかった」という人で、さらに 「特定受給資格者」と「特定理由離職者」に分けられます。 「特定受給資格者」 会社が倒産して解雇された人や、有期契約で3年以上働いており本人は継続して働きたかったが、会社が契約を更新しなかったという人のこと。 「特定理由離職者 」 有期契約や派遣契約で継続して働くことを希望していたが、会社が契約を更新しなかった人や病気や出産、家族の介護、または転居により通勤が不可能となった人や人員整理で希望退職者に募集して離職した人など「正当な理由のある離職者」のこと。 また、加入期間が1年未満は「給付なし」です。 年齢が高く、加入期間が長くなるほど給付日数が増えます。 最高は330日です。 会社都合で離職すると半年間働いただけで90日の給付が受けられるというわけです。 加入期間が5年以上の人または45歳以上の人は、離職理由によって給付日数が大きくかわります。 なお、 8ケ月間働いて離職し、その次の会社で4ケ月働いて離職した場合 加入期間が通算されますので、2年間さかのぼって、11日以上働いた月が12回以上あれば、対象となりますので、短期的なお仕事であっても雇用保険に加入していれば「離職票」を発行してもらいましょう。 雇用契約書では週20時間未満の労働条件となっていても、実際にはそれ以上働いているという実態がある場合 会社に話をして是非、雇用保険に加入してもらいましょう。 言い換えれば、長期的に働いていなくても給付が受けられるお得な保険であるということです。

次の